竹林や庭木の伐採は手入れの基本!業者依頼で過ごしやすい環境作り
庭木の伐採や間伐作業を依頼できる専門業者やサービスを利用しよう
和の庭園作りにオススメな竹とその活用方法を知ってみよう
:知らないと危険!竹のデメリットと扱い方を知って竹林活用を考える

庭木として使う場合も竹の扱いは要注意!問題点を把握しておこう

竹の管理は大変?竹林のデメリット

竹を育てるには、その性質を知らないと問題となる部分も多くあります。竹林や庭木として維持させるには、よく知ったうえで、きちんと手入れをしないといけません。知らずにいると、予想もしない部分で被害が発生することもありますよ。

竹のデメリット


家の裏に特に管理していない竹林があるが、そのままで問題ない?
竹の根は仕切られていないと、どこまでも広がります。そのため、放置すると他人の宅地や農地への侵入が懸念されます。侵食したことで相手の畑や建物に損害を与える恐れもあります。
竹の周囲に他の植物や庭木を植えたら枯れてしまった。どうすれば配置できる?
竹は性質上多くの水を吸いますので、他の植物が枯れる恐れがあります。枯れてしまった庭木の伐採をして、竹の根を切ってしっかりとコンクリートや石で区切ってから植えなおしましょう。
藪蚊が多いが竹が関係している?
竹の群生地は、水が多く地盤が緩い場所が多いです。日陰にもなり、水場を求める藪蚊の根城になりやすい傾向があります。定期的に間伐で風通しや日航の通りを良くし、消毒することが竹林維持のポイントになります。

竹の庭木伐採と廃棄の手間

竹林・庭木の伐採

竹林の完全伐採や、庭木として植えて範囲が広がってしまった竹の完全伐採は困難を極めます。根が広がる速度が早く、5月にはあちらこちらにタケノコが発生します。こまめに不要な部分は伐採し根を増やさないようにすることが必要です。

竹の廃棄

古来は利用価値の方が高かった竹ですが、今は利用価値が薄れています。燃えにくいので処分を請け負う業者が少なく、処分の費用も高くつきます。伐採後に処分まで依頼できる専門業者を利用した方が良いでしょう。



TOPボタン