竹林や庭木の伐採は手入れの基本!業者依頼で過ごしやすい環境作り
庭木の伐採や間伐作業を依頼できる専門業者やサービスを利用しよう
和の庭園作りにオススメな竹とその活用方法を知ってみよう
:知らないと危険!竹のデメリットと扱い方を知って竹林活用を考える

竹の活用と庭木の伐採で作る和の庭園と管理のポイント

竹林の庭づくり!庭木の伐採をして魅せる庭にするポイント

竹のある庭は風情があり、日本らしい雰囲気を演出することができます。日陰にも強く成長の早い竹は、繊細で美しい和の庭造りにも大活躍しますよ。和の雰囲気を持つ庭作りに、竹を上手く活用するコツをご紹介します。

竹で作る和の庭

コンクリートや石でしっかり区切る
竹の根は浅く広く広がっていきます。そのため、しっかり囲っていないと、外へ外へと侵食が始まってしまうのです。木材などや網では根が外に漏れる恐れがあるので、隙間のないコンクリートや石でしっかり区切ることが重要です。
小さなスペースや日陰にも最適
竹は日陰にも強い特性があります。中々日が差さない裏庭や、建物の裏手、小さなデッドスペースなどを利用して和の庭作りをしたい人にもオススメです。不要な部分に生えた竹や庭木の伐採をして手入れをしながら作りましょう。
フェンスがわりに並べて目隠しに
家の窓や玄関付近は、道沿いや隣の家との間に目隠しを作るとプライバシーが守れます。竹をフェンスや目隠しとして配置すると、センスの良いフェンスを作れます。他の庭木を加える場合は、竹の根は適度に伐採しましょう。

広大な面積なら伐採業者に依頼する

狭いスペースではなく、かなり広い範囲が竹に占領されている林や庭木の伐採は専門の業者に依頼をする方が確実です。タケノコの育成や、竹林整備をする場合には効果的な間伐が必要です。依頼してみると良いでしょう。

竹林を有効活用するには

主に竹の皮、竹炭などでの利用をすることができる竹。孟宗竹やハチク、マダケなどの種類があります。割りやすいので、ガーデニングや支えとして利用することもできます。竹林をきちんと管理すれば、タケノコ栽培にも利用できますよ。

TOPボタン