竹林や庭木の伐採は手入れの基本!業者依頼で過ごしやすい環境作り
庭木の伐採や間伐作業を依頼できる専門業者やサービスを利用しよう
和の庭園作りにオススメな竹とその活用方法を知ってみよう
:知らないと危険!竹のデメリットと扱い方を知って竹林活用を考える

竹林や庭木の伐採手入れは虫や侵食トラブルを防ぐのにも重要です

庭木の伐採や手入れは見た目の維持のためだけではない

自然豊かな土地を持っている方であれば、私有地にある竹林の間伐、庭木の伐採、枝の剪定などの手入れを行なうことが必要でしょう。美観維持や林を整備する目的以外にも、手入れを行なうことで私有地で想定されるあらゆるトラブルに対処ができます。

庭木の伐採と手入れの重要性

伐採などで庭木の手入れを放置すると、どういった問題が起こるのか知っておきましょう。

  • 美観が損なわれる
  • 虫が湧く
  • 日当たりが悪くなる
  • 土壌が痩せる
  • 住居や畑に草木による害が起きる

危険な虫が発生する恐れもありますし、庭木の病害が周囲に拡散すると責任問題になるかもしれません。手入れが難しい場合は業者に依頼してみましょう。

伐採の流れ

木が大きい、範囲が広くて手入れできないなど、業者で庭木の伐採を依頼するにはこのような流れになります。

相談・見積の依頼

祝祭日も営業している無料相談窓口を持っている業者も多くあります。業者に連絡して状況などの相談を行ないます。そして後日現地の専門スタッフが訪問し、調査後に正式な見積を出します。見積無料の業者もあります。

ご依頼後作業開始

出された見積と施工内容から、判断して作業を依頼します。依頼したら、日程の調整をして作業の実施日を決めます。早朝や土日・祝日にも対応できる業者もいます。実施日にプロのスタッフが訪問して作業を行ないます。

代金の支払い

完了後、作業完了報告と手入れ状態の説明を担当したスタッフから行ないます。その際に代金支払いをしますが、作業前に支払いを行なうところもあります。金額が大きい場合はクレジットカード払いの利用が良いでしょう。

庭木の伐採で整えられた庭作り

庭の雰囲気を作る庭木

伐採

庭木の伐採行なう際は、木を処分する目的だけではありません。病気に感染している庭木の伐採をして周囲の木への被害を抑え、庭の環境維持を行なうこともできます。また庭木を配置することで、庭をセンス良く演出できますよ。

和の庭を作る竹

竹を利用すると和の雰囲気のある庭が作れます。家同士や土地の境目に配置すれば、目隠しやフェンスにも利用できますよ。広い竹林を丁寧に整えれば、嵯峨野の小道のような美しい庭やアプローチ作りもできるでしょう。

竹の取り扱い注意

破竹の勢い!竹の成長は早い

和の庭作りやタケノコ取りなど活用範囲も広い竹ですが、その取り扱いには十分な注意が必要です。竹の成長は早く、手入れを怠ると周囲一帯が竹に侵食される竹害が発生します。根が急速に広がり、成長が早くすぐに密度が高くなるので、維持する場合でもタケノコ取りでの利用でも、竹林は定期的に間伐してやることが大事です。

適切な手入れが必要

竹は急激に成長するため、庭木として利用する場合にも管理を徹底しましょう。根が広がらないように、ある程度の深さまでコンクリートや石で竹の周辺を囲んで仕切ります。意図しない部分に生えたタケノコはすぐ抜くと安心です。

TOPボタン